EGF

このページでは、乾燥肌をケアするための美容成分「EGF」について紹介しています。エステ業界も注目のノーベル賞受賞成分とは……!?

ノーベル賞を受賞した美容成分

EGFはEpidermal Growth Factorの略称で、日本語では上皮細胞増殖因子を指しています。1986年、アメリカの生物学者であるコーエン博士によって発見されノーベル生理学医学賞を受賞しました。

しかしながら、当時のEGF1g当たりの値段は……なんと8,000万円
一般家庭で使うことなど、夢のまた夢という状況でした。

その後、研究が重ねられた結果、今日ようやく化粧品として利用することが可能になりました。8,000万円もの価値がつけられた美容成分が、ついに基礎化粧品として一般家庭でも手に入るようになったのです。

すごい!ということはわかりましたが、美容成分としてはどのようなはたらきをしてくれるのでしょうか?

気になる美肌効果について教えて!

EGFは肌のターンオーバーを促す美容成分です。新しく生まれた肌細胞の平均成長率は、284%にのぼることが確認されており、アメリカでは特許ものの成分となっています。

通常は、歳を重ねるごとに肌の新陳代謝は衰えていってしまいます。そのまま放っておくと、しみやしわができやすくなり、肌に刻まれた小じわが深くなってしまうことも……。

そこでEGFの出番です。新生細胞の成長を促しながら、肌を若々しくキープするのに役立ってくれます。

実際に行われたアメリカの臨床試験でも、EGFを使用した後の細胞量の増加が確認されています。50歳以上の被験者にも効果が見られたと報告されているので、今からでも遅くはないということですね!

コンテンツ一覧