洗顔料

乾燥しやすいお肌にも優しい洗顔料の選び方や注意点をまとめました。

乾燥肌の方の洗顔料選びのポイント

洗顔の基本は何と言っても、肌をしっかりとキレイに洗い流すこと。色々な成分が追加された商品が多く出回っていますが、今一度この基本に立ち返り、肌に何かを与えることではなく、肌をきれいな状態にリセットすることに重点をおくとよいでしょう。

洗顔の基本は、肌を洗浄し、生まれたままの自然な状態にリセットしてあげることです。そのためには次のことに気をつけましょう。

洗顔料を自分に合ったものに変えるだけで、肌のトラブルが解決することがしばしばあります。
多くの女性はすぐに化粧水や美容液に頼りがちですが、それらは正しい洗顔ができていてこそ、その効果を発揮できるのです。

肌に栄養を与えることだけでなく、肌をリセットして汚れなどからくるダメージを減らしてあげることにも力を注いていきましょう。

洗顔におけるスキンケアの注意点は?

具体的にどのようなタイプの洗顔料がよいかというと、抽象的な表現になってしまいますが「余分な油分を含まず、肌のつっぱりが少ないもの」がオススメです。
なぜかというと、余分な油分を含む洗顔料はしっとりした使い心地のものが多いのですが、お肌をきれいさっぱりにするという目的からは、余計な油分は含まない方がいいわけです。

一方で、あまりに洗浄力が強すぎると、肌が本来もっている保湿成分までも洗い落としてしまいます。洗顔の基本は肌をリセットして、自然な状態にしてあげることですので、余計な油分を含んでいても、かといって洗浄力が強すぎてもいけないのです。

そこで、その中庸として、「余計な油分を含まず、肌のつっぱりが少ないもの」がよいというわけです。

pちなみに、よく肌は弱酸性だから洗顔料も弱酸性がよいといわれますが、実は水道水は中性ですので、洗い流した後の肌は中性になっています。
ですから、必ずしも弱酸性のものにこだわらないで、自分にあった洗顔料を探してみてください。

コンテンツ一覧